ホンダから、より低燃費を支援するシステムが登場

リーフを育てながらより燃費の良い走りを目指そう各メーカーで独自のシステムがありますが、低燃費の車をさらにアシストするようなシステムが、ホンダから登場しています。

低燃費の車に乗っていても、運転の仕方次第で燃費が悪い車になってしまう事があります。

意味もなくアクセルを踏み込んでスピードを出したり、急発進や急停車を繰り返すような運転は、燃費の良い走り方とは言いません。

折角低燃費の車に乗っていても意味がないのですが、ホンダの「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」は、運転の仕方によって燃費の良い走りをしているかどうかを、運転手自ら目で見て確認出来るシステムです。

もちろん、この「エコロジカル・ドライブ・アシスト・システム」を搭載している車に限りますが、運転席にあるメーターに、燃費の良い運転を心掛けていると、画面内に「リーフ」が表示される仕組みになっています。

しかも1回の運転ごとに表示されるのではなく、長期間育てる感じになっているので、自分がどれだけエコな運転が出来ているのかを日々確認することが出来ます。

これはちょっと面白い機能ですよね。

よりエコな運転、燃費の良い走り方をしたいと思っている方には、とても魅力的な機能になるのではないでしょうか?

ホンダの低燃費車にはこのような他のメーカーには無いシステムが色々と搭載されています。

ちょっと変わったシステムが気になる方は、ホンダの低燃費車を探してみてください。